やっぱり舞台衣装が好き

新入生のみなさん初めまして!
ぶたげい衣装班の松川夏子です。

今日は自分のセクションについて
書きたいと思います。

衣装班の仕事は
衣装に関することすべてですが、
大きく分けると製作と衣装集めの2つです。

ただ、
製作は作品の世界観を表現するのに
必要なときの最終手段であり、
できるところまでは
手持ちの服を組み合わせて頑張ります。
そのため衣装班になれば
必ず服が作れるというわけではないことは
お伝えしておきます。

しかしだからこそ、
舞台衣装が好き、興味があるという
気持ちさえあれば多分なんとかなります。

個人的にこの仕事の1番の魅力は
目に見える形で舞台に携わることができる
という点だと思っていて、
やっぱり自分の関わった衣装が
舞台を構成する要素の1つになるのは
嬉しいです。

この先の衣装に関してのことのほとんどは
脚本が決まってから考え始めるので
まだまだ未定のことが多いのが現状ですが、
裁縫、舞台衣装、服飾などが好きだったり
興味がある方は
ぜひ1度ぶたげいの活動に
いらしてくださいね。

みなさんのお越しをお待ちしております!
衣装