音響のきもち

こんにちは!
音響を担当しています。
3年の小林です。

今回は、
私の担当している音響について
紹介したいと思います。

音響のメインの仕事としては、
・音響機材の管理、セッティング
・マイクや音楽(楽器)の音量の確認と調節
という感じです。
公演当日やその準備日での仕事が多いです。

その他にも
マイクを誰に付けるのか
付け替えはどうするのか
どのタイミングで曲を入れるのか
などを関係各所と話し合ったりもしています。

はい、これを見て
なんか難しそう…
機材とか分からないし…
と思ったあなた!!

そうですよね。
私も最初はそうでした。笑

少し私の話をさせていただくと
ぶたげいでは元々、
音響と照明が一緒に
技術班として活動していて、
私も最初はその技術班に入っていました。

しかし入った当初は
音響や照明に興味はあったものの、
それに関する知識も、
もっと言えば舞台に関する知識も
ほとんどありませんでした。

機材にはどんなものがあって、
どのようにつないで、
どう動かしているのか。
また、舞台に関する知識、
舞台を作る上での考え方なども、
ぶたげいに入ってから
先輩含め色々な方に
一から教えてもらいました。

ではなぜぶたげいに入って
技術班に入ろうと思ったのか。

その理由は、単純ですが
「機材を扱ってる人や、
何かを専門としてる人ってかっこいいな」
と思ったからです。

そして、そういう人たちが集まって、
一つの舞台を作り上げているのが、
すごいなと思ったんです。

また、今しかできないようなことを
何かやりたいと思ったのも理由の一つです。
舞台に作る側として関わることも、
機材に触れることも、
今しかできないんじゃないかな
と思ったんです。

音響は目立つセクションではありませんが、
キャストや音楽班、
他のスタッフが全力で作り上げる舞台を、
最大限にお客さんにお届けするために、
大事な役目を担っていると思っています。

もちろん、
今までうまくいかなかったことや
悔しいと思ったこと、悩んだことなども
色々ありましたが、
それ以上にとても良い経験ができていて、
とても楽しいです!

長くなりましたが
これを読んで少しでも
ぶたげいに、音響に、
興味を持っていただけたらうれしいです!

新年度、
新しく何かやってみたいと
思っている方(もちろん経験者も!)、
ぜひぶたげいで一緒に舞台を作りませんか?✨
音響